ホーム > 除振台・ハニカム定盤 > スチールハニカム光学定盤・除振台(日本防振工業株式会社製) > 薄型スチールハニカム光学定盤(日本防振工業株式会社製)

薄型スチールハニカム光学定盤(日本防振工業株式会社製)

製品概要

弊社では創業当初から全製品にスチールハニカムと脱脂洗浄を採用した日本防振工業製の光学定盤と除振台を自信を持ってご紹介致します。

C-SERIES

クリーン・高剛性である開発コンセプトは上位機種と一切変わらず、省スペースとコストダウンを図った薄型定盤で既存の実験台や架台の上に置くだけで光学実験スペースを作り出せます。
定盤厚さ50mmを標準とし、定盤サイズ400×500のブレッドボードタイプから2000×1000までの大型サイズまで数多く取り揃えました。
内部ハニカムコア材にスチールハニカムを採用する事でアルミハニカムを使用した製品に比べ静的剛性は約2倍に向上しています。
また、全てのハニカム定盤に使用されるステンレス板の上下面はタップ加工後に高温・高圧の洗浄液で徹底した脱脂洗浄を行っているため、ハニカム部とのプレス圧着後も内部に切削油や切り粉などの残留物が無く非常にクリーンな仕上がりです。

推奨用途:光学実験・各種装置のベース

RBJ-SERIES

薄型スチールハニカム光学定盤(Cシリーズ)の底部に防振ゴムを配置した卓上型防振ゴム式除振台もございます。 メンテナンスフリーで実用性に徹した製品で、底部の特殊構造の防振ゴムの採用により高い除振性能を発揮し、固有振動数(伝達率)が垂直約13Hz 水平5Hzとコストパフォーマンスは抜群です。

推奨用途:光学実験台・レーザー実験装置・精密測定器

薄型スチールハニカム光学定盤(日本防振工業株式会社製)

製品仕様

薄型スチールハニカム光学定盤(日本防振工業株式会社製)
C-SERIES
定盤内部スチールハニカム構造
定盤上面端面25mmより内部 25XY-M6タップ加工
着磁性ステンレスSUS430 5mm使用
定盤側面レザーシート貼り
定盤下面ステンレス4mm使用
オプションBAステンレス貼り(側面)・シールド加工・取手(2個セット)
製品番号定盤寸法(WxD)(mm)定盤の厚さ(mm)製品重量(kg)
C-0405T400×5005016
C-0506T500×6005024
C-0906T900×6005042
C-0909T900×9005063
C-1007T1000×7005055
C-1206T1200×6005056
C-1209T1200×9005084
C-1212T1200×120050112
C-1506T1500×6005070
C-1510T1500×100050117
C-1512T1500×120050143
C-1806T1800×6005084
C-1809T1800×90050126
C-1812T1800×120050168
C-2010T2000×100050156
  • M6-50mmマトリクスの形式はC-XXXXとなります。(4桁の型式の最後のTを省いてください。)
  • クリーンルーム仕様の型式はC-XXXXCとなります。(4桁の型式の最後にCを付けてください。)

当製品のお問い合わせは、メールまたは下記までお願い致します。

ノヴォ・オプティクス

ノヴォ・オプティクス
担当:小川
TEL : 080-2383-0548
FAX : 050-3730-3785

お問い合わせ受付
平日:9時〜18時
※休日土日祝・年末年始・夏季・GW

ページTOPへ