ホーム > 除振台・ハニカム定盤 > スチールハニカム光学定盤・除振台(日本防振工業株式会社製) > 三次元空気ばね式除振台(日本防振工業株式会社製)

三次元空気ばね式除振台(日本防振工業株式会社製)

製品概要

弊社では創業当初から全製品にスチールハニカムと脱脂洗浄を採用した日本防振工業製の光学定盤と除振台を自信を持ってご紹介致します。

AS-SERIES

クリーン・高剛性を開発コンセプトに完成したハニカム定盤は内部ハニカムコア材にスチールハニカムを採用し、定盤の最も基本テーマである“高剛性”を実現しました。
また、全てのハニカム定盤に使用されるステンレス板の上下面はタップ加工後に高温・高圧の洗浄液で徹底した脱脂洗浄を行っているため、ハニカム部とのプレス圧着後も内部に切削油や切り粉などの残留物が無く非常にクリーンな仕上がりです。
除振部は全方位対応空気ばねを採用し、高いレベルの除振性能を実現しました。

推奨用途:光学実験・干渉実験・干渉計・ホログラム・精密測定器

RB-SERIES

高剛性スチールハニカム定盤と防振ゴム式除振システムを組み合わせ、比較的高いレベルの除振効果を必要としない研究、実験用の防振ゴム式除振台RBシリーズもございます。
RBシリーズは比較的静かな作業環境で使用される場合に適しており、空気ばね式除振台に比べ、低周波のゆらぎが無く安定感があり作業性が高いのが特徴です。
固有振動数(伝達率)が垂直12~15Hz 水平5~8Hzとコストパフォーマンスは抜群です。

推奨用途:光学実験・精密測定器

三次元空気ばね式除振台(日本防振工業株式会社製)

製品仕様

三次元空気ばね式除振台(日本防振工業株式会社製)
型式AS-SERIES
固有振動数(伝達率)垂直1.2~1.8Hz 水平0.6~0.8Hz(空気ばね式)
除振方式全方位対応三次元空気ばね
水平維持方式メカニカルバルブによる自動式(レギュレーター設定圧力0.25Mpa)
定盤内部スチールハニカム構造
定盤上面端面25mmより内部 M6タップ加工
着磁性ステンレスSUS430 5mm使用
定盤側面レザーシート貼り
定盤下面ステンレス4mm使用
標準付属品φ6mmx5mチューブ・ワンタッチ継ぎ手(PT1/4オネジ)
オプション集中排気口・BAステンレス貼り(側面)・シールド加工・コンプレッサー
製品番号定盤寸法(WxD)(mm)製品高さ(mm)定盤の厚さ(mm)搭載可能重量(kg)製品重量(kg)
AS-10071000×700750109150142
AS-10101000×1000750109150176
AS-12071200×700750109150155
AS-12091200×900750109150194
AS-12101200×1000750109150203
AS-15101500×1000800209300313
AS-15121500×1200800209300350
AS-18091800×900800209300357
AS-18101800×1000800209300371
AS-18121800×1200800209300393
AS-20102000×1000800209300374
AS-20122000×1200800209300420
AS-24122400×1200800209500570
AS-24152400×1500800209500660
AS-30123000×1200800309500700
AS-30153000×1500800309500855
AS-36123600×1200800309500945
AS-36153600×15008003095001100
AS-40124000×12008003095001030
AS-40154000×15008003095001190
AS-50125000×120080040910001434
AS-50155000×150080040910001670
AS-60126000×120080040910001650
AS-60156000×150080040910001928
  • タップ加工は、端面25mmより可能です。
  • M6-25mmマトリクスの型式はAS-XXXXTとなります。(4桁の型式の最後にTを付けてください。)
  • クリーンルーム仕様の型式はAS-XXXXCとなります。(4桁の型式の最後にCを付けてください。)

伝達率

伝達率
伝達率

当製品のお問い合わせは、メールまたは下記までお願い致します。

ノヴォ・オプティクス

ノヴォ・オプティクス
担当:小川
TEL : 080-2383-0548
FAX : 050-3730-3785

お問い合わせ受付
平日:9時〜18時
※休日土日祝・年末年始・夏季・GW

ページTOPへ